口コミから見えてくるアイピルが人気な理由

アイピルの口コミを聞く女性
たくさんあるアフターピル。その中でも、よく「アイピル」の名前を聞くのはなぜなのでしょうか。これまで、実際にアイピルを使用したことがある人たちからの口コミを見てみたいと思います。そうすることで、アイピルがなぜ人気なのか見えてくるはずです。
これらを踏まえてアイピルのことを知り、女性主導で避妊をすることで自分自身の身体と心を守る方法として学びましょう。

結婚前まで時々飲んでいました

私は学生時代から結婚前にかけて、何回かアイピルを使用したことがあります。なかには、妊娠しても良いかも、と思う人とタイミングもあったので低用量ピルでの計画的な避妊はしていませんでした。

特に覚えているのが、大学時代の彼との時です。その頃、私はカバンにアイピルを常備している状態でした。だいたいコンドームで避妊をしていたのですが、時々しないこともありました。その時は終えた後に危険日かもしれないと思い周期を確認してみると、やっぱりそうでした。
すぐにアイピルを飲もうとカバンを見てみると、もう全て飲んだ後でした。いつも入れているポーチの中も見て、カバンの中に落ちているんじゃないかと底まで気をつけて見てみましたがやっぱりありません。その時、以前に買ったアイピルをカバンに入れ忘れていたことに気付いたのです。

正直少しほっとしたこともありましたが「自宅にあるはず…」と少しの不安もありました。自宅に戻ってみると、無事にあったのですぐにアイピルを飲みました。それから、1週間後には生理も来て、妊娠せずに済みました。

初めにも言ったように、アイピルを何度か使用したことがありますが、妊娠せずに済んだのは持ち歩くようにしていたからかな、と思います。持ち歩いていたので、終わった後直ぐ飲むようにもしていました。だから、避妊率100%という訳では無いかもしれませんが、72時間以内ギリギリに飲むよりは確率は高かったんじゃないかなと思います。

今後ももしかしたら、子どもの人数や家庭の状況でアイピルにお世話になるかも知れないと家に常備するようにしています。

病院と通販での値段の違いに驚きました

アイピルの価格の違い
当時入社したてだった私は、すぐに妊娠してしまっては会社に勤めておくことが難しくなると思い、避妊にはとても気をつけていました。でも、ある時コンドームに穴があいていたことに彼が終わった後に気付きました。その時はアフターピル等も持っていなかったので、翌朝会社には体調不良で病院へ行くと言って、避妊薬を処方してもらいに行きました。

こんなことは初めてだったので、ここまで色々聞かれるのかと疲れました。そして、さらに驚いたのが会計の時、保険適用外とは聞いていましたが診察代を含めて¥15,000円程の費用がかかってショックでした。無事、避妊できましたが副作用もひどかったです。

しばらく経って、仲の良い友人にアフターピルのことを教えてもらいました。しかも、それが通販で買えると聞き、すぐに調べてみました。すると、病院に比べてとても安くて1/10程度の金額で済むと初めて知りました。いろいろ見ていて、全く初めての薬を飲むことになることには抵抗があったので、病院で処方されたノルレボ錠のジェネリック医薬品であるアイピルを買ってみることにしました。また、アイピルは口コミでも評判が良かったので安心感もありました。

それから、ひと月経たないうちにアイピルを飲むことになりました。すると、病院もらった薬より全然副作用が無かったので、大丈夫かなと逆に不安になりました。しかし、それから5日ほどで生理が来ました。避妊はしっかりできて、安いし副作用もあまり無いのでアイピルを持っておくようにすると決めて、今でも時々使用しています。

通販での購入は事前にしておくことが大事

実際にアイピルを使用したことがある人の話を聞いて、事前に購入している事が分かります。実はアフターピルは海外からの発送で、個人輸入代行通販という形での購入になるのです。つまり、注文した後に海外から発送されて、関税などを通してから商品は到着するので5日~10日ほどはかかると考えた方が良いでしょう。

事後、通販でアフターピルを注文したところでほぼ間に合わないでしょう。そのため、事前に購入して、もしもの時に備えておくことが大事なのです。

ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるアイピルだから人気!

アイピルが人気の理由を探る女性
産婦人科などの一般的な医療機関で緊急避妊薬として処方されるのが、ノルレボ錠です。そのジェネリック医薬品として、ほぼ同じ成分・同じ効果を持っているアイピルだからこそ安心感があります。さらには開発や研究費などのコストがほぼかからない為、格安で購入することができるのです。

安くて、安心出来る上に避妊効果も高いとすれば、それほど女性にとって嬉しいものはありませんよね。もちろんアフターピルである以上、副作用はあります。症状には個人差がある為、ほぼ出ない人もいれば強く出てしまう人もいます。そのため、もし症状が薬の効き目のある約1~2日以上続いたり、悪化したりしてしまう場合はすぐに病院を受診しましょう。こうしたことを知った上で、緊急時だけアイピルを頼るようすることをおすすめします。

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP