服用するまでの時間で変わる!?アイピルの避妊成功率

アイピルで避妊率を高めるなら72時間以内の服用が良いということを、ご存知でしょうか。避妊が失敗した後のアフターピルとして、アイピルの認識が段々と広がっています。しかし、72時間以内に服用しなければ効果が薄いことも理解しておかないといけません。

男女の中で、セックスはとても大事なコミュニーション手段です。パートナーとの円滑な関係を築き保つためには、愛の交わりは必ず必要なことです。しかし、結婚する前やした後でも計画的な家族計画というものがありますし、そのためにはキチンと避妊をするということが大事です。

アイピルが生まれてきた理由

避妊をすることは、男女の最低限のエチケットです。一般的な避妊方法と言えば、コンドームの使用やリングの利用が挙げられます。これらの避妊率はとても高くアフターピルであるアイピルのように72時間以内の利用という制限はありません。

しかし、これらの避妊方法は必ずしも100%ではないのです。コンドームの場合は、膣内で破けてしまうこともありますし、抜けてしまうことさえあります。このようにキチンと避妊をしていても失敗してしまう可能性があるのです。その時の緊急処置として、アイピルが役に立ちます。

避妊率の効果のある制限時間を知っておくこと

避妊効果がある制限時間
ピルの服用で高い確率の避妊率を維持するためには、制限時間があることを認識しなければなりません。その目安が、72時間以内なのです。しかし、アイピルを72時間以内に服用したからといって、必ずしも100%ではないことを知っておかなければなりません。

なぜ72時間以内なのか、それは受精卵が卵巣に着床する前に効果を出す必要があるからです。72時間以内であっても、避妊率は約75%まで落ちていくのが実情です。
それが72時間以内であっても時間が経てば経つ程に、避妊効果は下がっていってしまいます。したがって、セックス後24時間以内に服用ができれば、避妊効果はより高いと期待が持てます。その避妊率は約95%とも言われています。したがって、この特性を理解した使い方を理解しておくことが重要です。

もう1つの間違った使い方

アイピルには、もう1つ間違った使い方をされているカップルが少なくありません。アフターピルなのでセックス後の服用であるために、性交渉中は全く避妊をしていないということです。特に男性の場合、コンドームの装着感を嫌い、避ける人が少なからずいます。また、女性でも低容量のピルを毎日定刻に飲むことをしていないことも少なくありません。これは毎日ピルを飲み続ける煩わしさがあるからです。

このようなことから後でアイピルをすぐに服用すれば、高い避妊率が期待できる。72時間以内さえ守れば大丈夫だし、快感的なセックスライフを楽しめるという考え方が、かなり増えているのです。しかし、この利用法は結果的に避妊が成功したとしても、決して正しくない使い方だと理解しておいて欲しいのです。

アイピルは女性への負担が大きいことを知っていてほしい

女性の身体に負担がかかるアイピル服用
普段の避妊に使われるピルは女性ホルモンが低容量なのですが、アイピルのようなアフターピルは、成分がとても強いのです。着床する前に、無理矢理に生理を引きおこさせる強力なものです。半ば強引というか強制的に生理を起こさせるために、女性の身体に大きな負担をかけてしまいます。

72時間以内の利用で高い避妊率を誇っていたとしても、大きな負担からホルモンバランスを崩してしまい、女性の体調を悪くしてしまいやすくなります。吐き気、腹痛、めまい等が起こり、下手をすると、この状態が数日間続くことも珍しくないのです。そのためにアイピルを通常の避妊薬として、毎回セックス後に服用するという安易な利用法は、避けるべきなのです。

あくまで緊急措置的な利用に限定

そのような意味で、アイピルは避妊が失敗した時の緊急的な措置として使うことが基本です。72時間以内の利用が守れるということより、できるだけ服用しないということが大事なのです。

常日頃から、カップルの間で正しい避妊のあり方を理解しておくことが必要でしょう。そのためには、男性の協力が必要ですし、女性の方もパートナーへの協力を求めていくことが大事です。男性にそのような理解をしてもらえないのなら、それは本当のカップルとは言えないかもしれません。それだけアイピルの存在は便利な反面、正しい使い方が求められるのです。

再服用が必要になることもたまにある

アイピルの正しい服用法が理解できて。72時間以内という制限が守れたとしても、再服用しなければならないケースがあることも知っておきましょう。女性の人がアイピルを飲むことで副作用を引き起こし、嘔吐等で吐きだしてしまうことがあるからです。このような時は、アイピルが適正に吸収されていたいために、効果は全く期待できません。

したがって72時間以内ということの前に、再服用をすることが必要なのです。もし不安が残るなら、専門医の診察や指導をうけておくことをおすすめします。

アイピルの避妊効果を最大限にするには、すぐの服用が必須!

アイピルをより効果的にするイメージ
アフターピルであるアイピルは、着床前でなければ避妊効果は発揮しません。そのため、着床に至るまでの一般的な時間が72時間といわれているので、服用を72時間以内にする必要があります。ただ、その働きにも個人差はあるのでなるべく早く服用した方が、より避妊効果は高く得られるとしているのです。
これらのことを知った上で、正しくアイピルを服用するようにしましょう。

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP