失敗しない為の、アイピルの服用方法

親になる責任が持てないのに妊娠してしまった、好きでも無い人の子を妊娠した・・・なんてことが無いように妊娠する可能性をさらに下げてくれるのがアフターピルです。緊急避妊薬とも呼ばれていて、着床前であれば強制的に生理を引き起こして避妊させる働きを持つ薬なのです。

その中でも広く使われていて、女性に人気だと言われているのがアイピルです。そして、避妊に失敗しない為に出来る、アイピルの服用方法を見つけていきたいと思います。

72時間以内の服用は必須!

避妊効果がある時間内の服用が必須
アイピルを始めとする、アフターピルのほとんどは72時間以内の服用についての記載や説明があるでしょう。それは、受精そして着床に至るまでの一般的な時間が72時間であることから指定されている時間なのです。
ただし、アフターピルの種類によっては避妊効果がある制限時間には違いもあるので、その点は必ず確認するようにしましょう。

また72時間以内というのは一般的な着床にかかるまでの時間の目安なので、個人差もあります。そのことを含めて、着床までにかかるハッキリとした時間は分からない為、事後なるべく早く飲むことをすすめているのです。

アイピルも例外では無く、72時間以内の服用をするようにしましょう。なるべく早く飲むことで避妊効果が高まることから見ても、24時間以内で約95%、72時間以内で約75%と時間の経過によって変化している事が分かります。

着床前なら、避妊ができるのはなぜか

アイピルの避妊に至る仕組みは、多量の女性ホルモンを一気に身体に吸収させることで妊娠したと一旦錯覚させます。それが、着床前であれば妊娠中にあるはずの女性ホルモン量の分泌が無いことから妊娠していなかったことに気付いて、強制的に子宮内膜が剥がれおちます。
こうして生理が故意に引き起こされるのです。この一連の流れがアイピルを飲むことで身体に起こる働きです。

そして、もし着床後にアイピルを服用してしまうと妊娠していると認識され、逆に妊娠を安定させる為に働きかけます。そのため、故意に生理を引き起こすからと言って中絶の作用もあるという訳ではありませんので注意しましょう。

副作用で吐き出した時の経過時間に要注意!

服用からの経過時間に注意が必要
ホルモンバランスを故意に乱すアイピルは、副作用も引き起こしやすいのです。なかでも、嘔吐をしてしまった時に服用してからの時間経過に注意が必要です。3時間以上経過している場合は薬の成分も体内に吸収されているので、安静にするようにしましょう。

もしアイピルを服用して、3時間以内に嘔吐してしまった場合は薬の成分が体内に吸収される前なので、再度服用することが必要になります。余分にアイピルを持っていればすぐ服用し、手元に無ければ病院へ行って避妊薬を処方してもらい服用する必要があります。

時間ギリギリのアイピルの服用は避妊失敗率を上げる!?

72時間以内に飲めば、アイピルの避妊効果はあるから・・・とギリギリまで飲むことを引き延ばしてしまっては、避妊に失敗する確率を高めるだけです。
それは、初めにも言ったように一般的な着床までの時間を目安にしているだけなので全ての人にそれが当てはまるかどうかは分かりません。なかにはもっと早く着床に至る人もいるでしょう。それは卵子や精子の状態、体調によっても異なってくるでしょう。

そのため、出来るだけ早くアイピルを飲むことで、着床してしまう前に余裕を持って子宮内膜を引き剥がす働きを出来るようにした方がより避妊失敗を防げます。

アイピル服用後、すぐに性交はしない

アイピルを飲んで避妊をしても、すぐには避妊成功したかどうかは分かりません。早くても3日~1週間後に消退出血があります。しかし、少量すぎた場合は着床出血という妊娠した際に起こる出血の場合もあるのです。また、そのどちらも起こらない場合もあれば、消退出血のタイミングで生理が起こっている場合もあります。

その後、生理周期か3週間以内のタイミングで生理が起こることで確実に避妊成功したことが分かります。こうした避妊成功しているかどうかも分からない間に、また性交した場合はまたアイピルを飲むなどして避妊をしたとしても、妊娠するもしくは既に妊娠している可能性があります。

妊娠の可能性を考えた上で、責任のある行動をとること

避妊失敗する確率がゼロじゃないことを知っておく
これまでアイピルの働きと避妊失敗の可能性を高めてしまう行動を合わせて紹介しました。計画的な避妊を望んでいるのであれば、低用量ピルを服用することもおすすめです。これらのことをしっかり理解し、性行為を行う時点で妊娠の可能性はゼロでは無いことも考えた上で責任のある行動をとるようにしましょう。

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP